ロゴ
HOME>Column>裏側矯正って何?治療前に把握しておきたいコト

裏側矯正って何?治療前に把握しておきたいコト

治療

表側矯正と裏側矯正の違い

歯並びを良くする歯列矯正治療はどんどん進化をしており、以前は当たり前だった表側矯正以外に裏側矯正という治療法も誕生しています。表側と裏側の違いは文字通り歯の表面に矯正器具を装着するか、歯の裏側に装着するかという点が挙げられます。古い歯列矯正治療は歯の表面に矯正器具を取り付けるため、口を開けるとどうしても口元が目立ってしまうため、気になる人も少なくありません。一方、裏側矯正の場合は歯の裏側に矯正器具を装着するので、一見すると歯列矯正を受けていることが周囲にばれにくいのが特徴です。接客業など人と会話する機会の多い職業に就いている人に、矯正器具が目立ちにくい裏側矯正は人気を集めています。さらに、歯の裏側に矯正器具を取り付けることによって、表側矯正よりも虫歯になりにくいというメリットも得られます。

Dental

進化している最新の裏側矯正について

歯の裏側に矯正器具を装着する「裏側矯正」は、目立たない矯正治療として人気ですが、治療に使用する器具は年々進化を遂げています。裏側矯正は矯正器具を歯の裏側につけるので、装着し始めは舌が器具に当たるなどして違和感や、不快感を覚える人も少なくありません。最新の裏側矯正に使う矯正器具は従来のものよりも小型化・薄型化されており、装着しても違和感を覚えにくくなっているのです。また、セルフライゲーションシステムといってブラケットとワイヤーの摩擦を大幅に減らす、治療法が行われるようになりました。歯列矯正は痛みがあるというイメージが強いですが、セルフライゲーションシステムであれば痛みを最小限に抑えられます。また最新の治療法は弱い力でスムーズに歯を正しい位置へと移動させることができ、治療期間を大幅に短縮できるというメリットもあります。